Go To Travel キャンペーン特集
楽天トラベル 楽天トラベル GoTo travel
ヤフートラベル Yahooトラベル Go To travel
じゃらん じゃらん Go To travel
一休.com 一休.com Go To travel
その他 他サイトの Go To travel情報一覧
成田市駿河屋の暖簾

成田山新勝寺のすぐわきにある、うなぎの老舗「駿河屋」!残っている資料によると、寛政10年(1798年)らしいです!老舗中の老舗ですね。

新勝寺でのお参りの際に立ち寄る方も多いと思います。ただ、人気でいつも行列ができています。

諦めて食べるのをやめたと言う人も多いのではないでしょうか。

味は間違いないし、2階には子連れのための座敷も用意されていて非常に嬉しいうなぎ屋です。

行列を避け、開店直後に行って、是非、成田の「駿河屋」でうな重を食べてみてください。

スポンサーリンク

駿河屋の詳細・アクセスなど!

成田市駿河屋の暖簾

《駿河屋》

店名 駿河屋
営業時間 10:00〜17:00
定休日 木曜日
TEL 0476-22-1133
住所 千葉県成田市仲町359(成田山新勝寺総門脇)
地図
アクセス JR成田線成田駅から徒歩13分
京成本線京成成田駅から徒歩13分
駐車場 専用駐車場なし
公式HP https://www.surugaya-unagi.net

 

成田の駅からは徒歩13分ぐらいの場所です。成田山新勝寺の参道を歩いていると、新勝寺の入り口のすぐ脇に駿河屋が存在します。

車でお越しの際は、駿河屋専用の駐車場はありませんので、次の弘恵会田駐車場に車を止めると駿河屋からも近くて便利ですよ!

 
《弘恵会田町駐車場の場所》

弘恵会田駐車場から駿河屋までは、徒歩3分です。

駿河屋の受付システム!

駿河屋の夏の暖簾

《駿河屋の夏の暖簾》

成田で大人気の駿河屋ですが、基本的には予約ができないお店です。ですので、食事する方全員が揃って、番号札を取って待つしかありません。

 

駿河屋の店内のレジ周りの雰囲気

《駿河屋の店内》

店内に入ると老舗感が満載な雰囲気です。そして、駿河屋は店内と店外共にお客さんが大勢いて、いつも行列ができています。

 

駿河屋の予約システム

《予約システム》

店内に入ると受付の機械がありますので、その機械で受付を行います。受付ボタンを押すと

 

駿河屋の受付表

《受付表》

受付番号の紙が出てきます。駿河屋の開店時間は10:00です。私が受付表を取ったのが10:18です。すでに29番です…。

 

満席の駿河屋1階

《満席の駿河屋》

受付表ともらうと、店内の椅子か、外でひたすら待つのみです!

 受付表の番号が呼ばれても、全員そろっていないと席には案内してもらえませんので、ご注意ください!

私たちは6名で行ったのですが、小さい子供が2人の子連れで行きました!小さな子供がいる場合、2階の座敷に通してもらえます。

1つの座敷が子連れ専用の座敷になってますので、空いていればすぐに通してもらえます。ありがたいですね!

 成田山新勝寺はお宮参りや七五三で子供もたくさん来ます。

駿河屋をそれを見越して、子供連れ専用の座敷を作ってくれています。

小さい子がいるから「うなぎ」はちょっとと思わなくても大丈夫です。

実際にお宮参り後の赤ちゃんも来ていましたよ

駿河屋は時間帯によってはものすごい待ち時間ができるので、開店直後に入るのがオススメです。

ちょっと早い昼食になってしまいますが!

スポンサーリンク

駿河屋のメニュー!

うな重はもちろんなんですが、うな重と合わせて食べて欲しいのが、「焼き鳥」です。

この焼き鳥の毎回行くと頼みますので、後ほど、紹介いたします。

 

駿河屋のうな重と焼き鳥!

今回はうな重と焼き鳥を注文。

 

運ばれてきた駿河屋のうな重

《運ばれてきたうな重》

蓋を開けた駿河屋のうな重

《お重をあけたうな重》

駿河屋のうなぎは、脂がのってて、うまいうまい。老舗で人気があるだけあります。タレの味付けは最初は少し薄めです。

濃さは好みがあるので、タレは別に用意してくれていますので、もう少し濃いめがお好みの方はタレを足してみてください。

脂ののったフワフワの身が最高で口でとろけます。

 

駿河屋の店先でうなぎを焼いている様子

《うなぎを焼いている様子》

駿河屋では軒先でうなぎをさばいて、軒先でうなぎを焼いています。この風景は見てるだけでも結構面白いです。

子供も「抱っこして〜」とねだりながら、うなぎをさばいて、焼く様子を見たがります。子供は興味持ちますよね!

命あるものを、さばいて、焼いて、食べる。これを子供が可哀想と思うかどうかはわかりませんが、子供たちには、是非、見てもらいたいものですね。

 

駿河屋の焼き鳥

《駿河屋の焼き鳥》

そして、これが、焼き鳥です。私の子供はうなぎより、この焼き鳥が気に入った様子で、かなりの量を食べました!

こちらも炭で焼いており、炭火焼き独特の香りがして、うまい。

お値段は少々高いうなぎではありますが、成田に来たら是非食べてもらいたい一品です。

スポンサーリンク

駿河屋のうなぎはお土産でもOK!

駿河屋の持ち帰り用のメニュー

《土産用メニュー》

駿河屋では、お土産として、うな重を買って帰ることもできるようです。

遠方からの方は難しいかもしれませんが、持ち帰りができる距離であれば、蒲焼きを買って、家でお酒を飲みながら食べるのも最高かもしれませんね!

また、家族へのお土産で買って帰ると喜ばれますね。間違いなく。

駿河屋の感想!

何度も行きたくなるうなぎ専門店「駿河屋」です。雰囲気もTHE老舗という感じが素敵で気に入っています。

味はもちろん、間違いないですし、何より、老舗なのに子供を連れて行きやすいの非常に嬉しい。

あと、いつも思うのですが、成田国際空港が近いだけあって、外国人も駿河屋へうなぎを食べに来ています。

外国人にとっても日本の鰻は美味しくて、人気が高い食べ物の1つです。駿河屋の従業員のおばちゃん、外国人と英語で会話しています!!!

悔しいです(笑)

さすがは成田の観光地で働くだけある。素晴らしい、おばちゃん!!!

時間帯によってはかなり並ばないといけまんせんので、本当に早めに受付番号をゲットしておいた方が良いと思います。

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログへ
おすすめの記事