ひょっとこの柚子醤油ラーメン

有楽町の人気ラーメン店「麺屋ひょっとこ」の和風柚子ラーメンのご紹介。

いつもお昼時には並んでいますが、並んででも食べたいラーメンが和風柚子ラーメン。

最高なんです。

スポンサーリンク

麺屋ひょっとこの詳細・アクセスなど!

麺屋ひょっとこの看板

《麺屋ひょっとこ》

店名 麺屋ひょっとこ交通会館店
営業時間 [平日]
11:00~20:00[土]
11:00~19:00
定休日 日曜・祝日
TEL 03-3211-6002
住所 東京都千代田区有楽町2-10-1
地図
駐車場 専用駐車場なし。交通会館地下の駐車場は利用可。
公式HP https://www.menyahyottoko.com

《有楽町駅》

麺屋ひょっとこへは、山手線の「有楽町駅」で下車します。奇跡の1枚。有楽町駅の上を走る新幹線が写り込んでいました。

その有楽町駅を背に向けると目の前にそびえ建つ、ちょいと古いビルが、東京交通会館です。

《有楽町の交通会館》

この東京交通会館はパスポートセンターなども入っていますので、旅行好きなら知っている人も多いと思います。

この東京交通会館の地下1階に目的のラーメン屋があるのです。

スポンサーリンク

麺屋ひょっとこのお店をチェック!

麺屋ひょっとこの看板

《麺屋ひょっとこの看板》

東京交通会館の中に入り、階段で地下1階に行って見ると見えてきました、見えてきました。「麺屋 ひょっとこ」の看板が。

 

麺屋ひょっとこにできている行列

《麺屋ひょっとこの行列》

写真はちょうどお昼時です。

すでに麺屋ひょっとこのラーメンを求めて、多くの方々が並んでいます。

この麺屋ひょっとこは、カウンターのみのお店です。しかも席数も7席しかない、小さな小さなラーメン屋さんです。

でもって人気店であれば並ぶのもしょうがないですね…。

 ちなみに、並びたくない人は開店前に行って食券を買って座って待つ方法もありますよ。

開店は11時からですが、食券はその前でも買えますし、席にも座らせてくれます。

早めに行ける方は、11時前には食券を購入して、席に座って待つことをお勧めします。

 

麺屋ひょっとこの食券機

《食券機》

 

麺屋ひょっとこの行列時の並び方

《行列の並び方》

列に並ぶ前に、食券を先に購入してから、写真のように、列に並びましょう。

実はここのラーメンはいろんな方のブログにも紹介されています。こだわりの和風柚子ラーメンです。

でもこの「麺屋 ひょっとこ」さん、こだわっているのは、ラーメンだけではないのです。

 

麺屋ひょっとこのラーメン鉢が紹介された張り紙

《麺屋ひょっとこのラーメン鉢》

こちらはあまり紹介されていないのですが、並んでいる時に柱に目をやると、こんなものが貼られています。

ラーメン鉢は有田焼のものを使っているようです。

店内のラーメン鉢を見ても、渋いものから、可愛らしい柄のものと、種類がたくさんありました。

どの有田焼で出てくるかは、出てきてからのお楽しみです。

 

麺屋ひょっとこの厨房の様子

《厨房の様子》

 

《店主の後ろ姿》

狭い厨房で2人、ラーメン作ってます。

このおやっさんの手際の良さは素晴らしい。さすが、長年このお店でやってきただけありますね。

この時点で並んでいる時間は25分です。カウンター7席とはいえ、ラーメンですから、回転も早い。

このあとすぐに席に案内してもらえたので、並んでいる時間もそんなに長くない。これぐらいなら、行列嫌いの私でも並べます。

麺屋ひょっとこの和風柚子ラーメンと茶飯!

麺屋ひょっとこの茶飯とたくわん

《麺屋ひょっとこの茶飯とたくあん》

食券を出して、おやっさんが必死にラーメン作ってくれています。最初に、茶飯とたくあんが来ました。

そして、しばらくすると、有田焼に入った和風柚子ラーメンが!おやっさんが、「お待たせしました〜」と優しい、本当に優しい声でラーメンを置いて行ってくれます。

 

《麺屋ひょっとこの和風柚子ラーメン》

煮卵にメンマに三ツ葉にネギ。そして、分厚いチャーシュー!!

その上に、柚子をすりおろしたものが、フワッと乗っかっています。柚子の香りが鼻に入って来ます。いい香りです。

スープを一口。口の中にまたまた、フワッと柚子の香りが広がります。

味が、「やさし〜い」あっさりのスープが体に染み渡ります。

麺をずるずる。いや〜「やさし〜い」。バファリンなんかよりだいぶ優しい。このラーメンで病気が治るんじゃないかってくらい優しい。

そして、めちゃくちゃ美味い。二日酔いの私もサラリと食べれてしまいます。チャーシューもしつこくなく、美味しくいただきました。

次に、茶飯を口に入れ、スープをすする「やさし〜い!!」そしてめちゃくちゃ旨し。出汁の効いた、美味しいお茶漬けを食べているような感覚。これは最高です。

和風柚子ラーメンも茶飯もさらりとたいらげてしまいました。

おやっさんに向かって、「ご馳走さまでした〜」というと、優しい声で「ありがとうございました〜」と帰ってくる。味も、おやっさんも優しい。

この味は、本当に二日酔いのサラリーマンが食べたくなる、ラーメンです。しつこくなく、あっさりした柚子風味のラーメン。

優しいお味であるがゆえ、女性1人で食べておられる方も、たくさんいらっしゃいます。

女性一人でも入りにくいってことはないと思います。味もあっさりなので、女性でもペロリと食べれてしますと思います。

有楽町駅前なので、東京駅や銀座からも近いし、行きやすい。是非、お近くに行った際には和風柚子ラーメン食べてみてください。

本当に、おやっさんの優しい声と、優しい味と、ビックリするぐらいマッチしてますから。

スポンサーリンク

麺屋ひょっとこのメニュー!

麺屋ひょっとこ和風柚子ラーメン

《和風柚子ラーメン(出典:ひょっとこHP)》

お店No1人気メニューは、やはり今回ご紹介した、和風柚子ラーメンです。

 

麺屋ひょっとこのその他メニュー

《その他ラーメンメニュー(出典:ひょっとこHP)》

その他メニューの下段の3杯はここの有楽町店にはないようです。

2018年4月にオープンした銀座店限定のメニューとなっています。

 

麺屋ひょっとこのトッピングメニュー

《トッピングメニュー(出典:ひょっとこHP)》

麺屋ひょっとこの口コミ情報など!

派手さは無くても淡麗和風仕立てのスープで存在感を出しています

つけ麺のお店を出た後、まだ少しお腹に余裕が有ったので、久方ぶりにラーメン連チャンしようかと思い、3年連続の食べログ百名店に選出されている此方へ。

東京交通会館地下1階の商店街横っちょ横丁の一画に有ります。銀座6丁目にも2店舗目が出来ています。

東京交通会館は1965年に建てられた歴史の有る複合商業ビルで、昔パスポート手続きでお世話になりました。

19時10分過ぎに到着。カウンター7席のみの小さなお店で、その回りを囲むように行列が出来ています。穏やかな仙人風情のおじ様と30代位の男性スタッフ2人でお店を回しています。

20時には閉店するらしく、私の後3名で営業終了の札が掲げられギリギリセーフ。和風柚子柳麺760円を注文。

調べて見ると甘味処おかめの夫婦店としてオープンしたそうで、元はきしめん屋から時代の流れに合わせてラーメン店にしたそうです。きしめん屋で好評で有った柚子を使うのはその名残のようです。

そうこうしている間に着席。手の届く程に目の前で年輪を重ねたおじ様が手際良く調理されています。

程無くして着丼。お椀は有田焼。ビジュアルは光沢の有る透けたスープの真ん中に厚くて大きめのチャーシューが置かれ、その上には柚子が添えられています。サイドにはワカメ、メンマ、刻みネギ、半熟玉子の配置。

先ずはスープ。鰹節、昆布に鶏ガラの旨味が加わった塩味を感じるスープは、アッサリして柔らかく円やかな味わい。割烹料理でのお吸い物のようです。多くのお客さんがスープ迄を飲み干している訳が理解出来ました。

細打ちノンフライ麺は喉越し良くスルスルと啜れます。チャーシューはホロホロで出汁が染みて美味しい。大ぶりなメンマは歯応え確り。玉子は半固熟ながらまずまず。やはり柚子の香りが清涼感を醸し出しています。

エッジの効いたスープで人気や評判になっているラーメン店が多い中、派手さは無くても淡麗和風仕立てのスープで存在感を示される事に改めて敬意を表します。ご馳走さまでした。

出典:食べログ

麺屋ひょっとこのまとめ!

麺屋ひょっとはのある場所は、東京の丸の内!近くで働いている方がよく食べにきているイメージですが、

口コミをみていても、出張者や旅行者も結構食べにくるほど美味しいラーメンです。

  • あっさりした醤油ラーメンを食べたい
  • 飲みすぎて二日酔いである
  • 女性一人でもラーメン屋に行きたい
  • 東京で本当に美味しいラーメンを食べたい

 

こんな方は是非とも、麺屋ひょっとこにお立ち寄りください。

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログへ
おすすめの記事