Go To Travel キャンペーン特集
楽天トラベル 楽天トラベル GoTo travel
ヤフートラベル Yahooトラベル Go To travel
じゃらん じゃらん Go To travel
一休.com 一休.com Go To travel
その他 他サイトの Go To travel情報一覧
【リゾナーレ八ヶ岳】赤ちゃんと2泊3日旅(2日目) 〜口コミで評判高いプール「イルマーレ」と温浴施設「もくもく湯」〜

星野リゾート「リゾナーレ八ヶ岳」滞在2日目です。

初日をご覧になっていない方はこちらからどうぞ!

本日も盛りだくさんで、楽しいリゾナーレ八ヶ岳ライフを満喫です。

リゾナーレ八ヶ岳の代名詞とも言われる「イルマーレ」というプールは本当に最高です。

このリゾナーレ八ヶ岳というホテルは本当にファミリー思いの良いホテルです。

スポンサーリンク

リゾナーレ八ヶ岳 2日目の朝

おはようございます。ということで、2日目突入でございます。

私の子供たちも早起きで6時ごろ目が覚めて、騒ぎ出します。

もう少しゆっくり寝ていたいのですが…。この子たち、どこに行っても寝る時間と起きる時間は変わらない…。親としては助かりますが!

このベッドの寝心地も良かったですし、0歳の息子もベビーベッドがあるおかげで、いつもと同じようにスヤスヤ寝てくれました。

2歳の娘は大きなベッドで寝たのですが、ベビーベットを大人用のベットにくっつけて、娘の落下防止作を取ったおかげで、落ちることなく朝まで、ぐっすり寝てくれました。

リゾナーレ八ヶ岳 YYGRILLでの朝食

出典:リゾナーレ八ヶ岳HP

昨晩、神対応をしてくれてた、ワイワイグリルで朝食です。

朝食メニューは写真を撮り忘れました…。

朝食もブッフェスタイルです。洋食半分と和食半分のメニューになってました。

焼き魚、納豆、海苔、温泉卵、漬物、味噌汁、その他和食の和え物や煮物。日本人にはありがたいメニューが結構ありました。写真撮れば良かったな…。

入り口ではレストランスタッフが、その場で野菜をまぜまぜしてシーザーサラダを作ってくれています。

新鮮な野菜で美味しかったです。

出典:リゾナーレ八ヶ岳HP

朝は子供もグズらす、ゆったりと食事ができました。まわりを見渡しても0歳〜3歳ぐらいまでの子連れご家族が非常に多かったです。

宿泊者は朝食が無料となっています。

この朝食券はランチに変更することもできますので、ピーマン通りで買ったパンを朝食にして、ランチをワイワイグリルで食べるなんてのもいいですね。

スポンサーリンク

リゾナーレ八ヶ岳名物「イルマーレ プール」で遊ぶ

今回の旅の目的の1つでもある名物プール。

リゾナーレ八ヶ岳には「イルマーレ」という室内大型プールがあります。

天候、季節関係なく、年中遊べるプールがリゾナーレ八ヶ岳にはあるのです。

子供も大人も楽しめるプールで、今回は平日に行ったので、広々使えて超満足でした!

出典:リゾナーレ八ヶ岳HP

こちらが、メインの大きなプールです。

穏やかで、広々してて、のんびり泳ぐのにちょうど良いプールです。

どこかのリゾートホテルのプールみたいで、このプールを年中、季節問わず、楽しめるのは最高じゃないですか???

奥の深いところでも水深1.2mで、そんなに深すぎず、プールの監視員もいてくれるので、安心して遊べます。

しかし、この穏やかなプール、1時間に一回、こんなプールに変わるのです。↓

そうなんです。波の出るプールに変身するのです。

少し大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんたちは「きゃっきゃっ」はしゃいでいます。そりゃー楽しいですよ。波がザブザブきますんで!

波が出てくる前に監視員のお兄さんが、「波打ち際は、勢い強いから、気をつけてねー。」とか、1人で泳いでる子供に、「波くるから、パパと一緒に泳いでねー。」とか注意喚起してくれます。

私の娘は「なみ、こわいー」。おいおい、根性ねーな…。抱っこで波の中入っても「なみ、こわいー」。2歳には怖かったようで、私にギュッーとしがみついてきます。

くっそー、めちゃくちゃ可愛いじゃないですか。(笑)

そんな、娘が気に入ったプールがこちらです↓

浅い、子供専用のボールが大量に投入されているプール!!!

ボールをかき分けて走ったり、ボールを投げたり、ボールの海から顔だけ出して「ワニさん」ごっこをして楽しんでました。

2歳児は波よりこっちが楽しいよね!!

小さな子供がいても、この浅いボールのプールがあるので、安心です。

プールサイドはビーチチェアもあり、大人ものんびり過ごせます。

もちろんタオルもビーチチェアも無料で自由に使いたい放題です。

イルマーレ施設内はカフェもあります。

ただ、行った時期が閑散期でもあるため、メニューは少なめでした。

みんな、お昼は一旦外に出て、ピーマン通りでお昼を食べて、戻ってくる人が多かったイメージです。

ただ、ここで飲み物買って、ビーチチェアで昼寝なんて最高です。本当にビーチリゾート感覚ですね。

ここで、浮き輪やボートなどを借りて楽しむこともできます。

今回、初めてのイルマーレということで、1点レンタルサービスしてくれました。娘の浮き輪を借りました。

バナナボートもあり、小学生くらいなら、喜んで乗りますよね。

さらに波のプールで波の上をバナナボート。本当に海にいるようです。

これらのおもちゃやスイムベストは無料で借りられます。

旅行にプールで持っていくのに必要なものは水着だけで大丈夫です。水着も借りられるので、手ぶらで行けてしまいます。

ビーチサンダルも必要ありません。

施設の隅っこには、サウナがあります。サウナ好きにはたまりませんな。

今回は娘を見ておかないと行けないので中へは入れずです。残念!

ジャグジーもあります。

温水プールとはいえ、長時間水の中にいると体が冷えてくるものです。

体が冷えた時は、この温かいジャグジーで体を温めましょう。

このジャグジーは外につながっており、露天ジャグジーを味わうこともできますよ。

ちゃんと授乳できる場所もありますよ。赤ちゃん連れでも安心ですね。

赤ちゃんを寝かせておける、カゴも無料で貸してくれました。これは便利ですね。

赤ちゃん寝かせて、お母さんはビーチチェアーでドリンク飲んで、上の子とお父さんは波と戯れる!

いやー、素敵な家族じゃないですか。

ちなみに、2018年7月から、森の中の海をコンセプトにした、新しいスペースができるみたいです。

ちょっとしたスライダーや水遊びができるエリアのようですが、今回は改装中で使用できませんでした。

次回、行った時に是非遊んでみようと思います。7月以降、もし行かれた方、感想を私までお寄せください。

2018年7月にオープンした「森の中の海」!森をテーマにした水遊びエリアはこちらから

このイルマーレプールはすごく良い施設です。季節問わず、天候問わず、1年中プールで遊べるのがいいですね。

平日は朝10時から、休日は9時からオープンみたいです。

この日は午前中、目一杯遊んで、そろそろランチの時間。まだまだ遊びたい娘を説得して、イルマーレをあとにしました。

リゾナーレ八ヶ岳「ぱん・パ・パン ドゥ カフェ」でランチ

出典:リゾナーレ八ヶ岳HP

ランチはピーマン通りの「ぱん・パ・パン ドゥ カフェ」でパンを買って、お部屋で食べました。

季節の素材を活かした、パンやサンドイッチを売ってるお店です。

もちろん、その場で食べることもできますが、せっかく広い、くつろげるお部屋があるので、持ち帰って、お昼ご飯です。

結構、うまい、パン!!!

スポンサーリンク

リゾナーレ八ヶ岳「いちご狩り」へ出発

ゆっくりお部屋でランチを食べた後はいちご狩りに出発です。リゾナーレ八ヶ岳では、季節に応じて、いろいろなアクティビティを用意してくれています。

今回は小さい子でも楽しめる、「いちご狩り」をやってきました。実は私もいちご狩りは初めてです。

小さい頃に行ったことがあるかもしれませんが、記憶にございません。

ホテルのロビーに参加者が集合して、このバスがいちご農園まで連れて行ってくれます。

いちご農園まではバスで40分。

イルマーレプールで疲れたのか、娘も息子もぐっすりお昼寝です。

息子が泣かなくてよかった〜。この密室状態で、あの爆音で泣かれたら、たまったもんじゃありません。

到着したのは、諏訪湖いちご園!!!知らない間に長野県入りしてました。(笑)

いちご狩りの体験談は、別の記事にしていますので、下記の記事でご確認ください。

 

楽しい「いちご狩り」も終わり、たらふく食べたいちごのせいで、バスでおしっこがしたくならないように、ちゃんとトイレを済ませて、バスへ。

40分かけてホテルへ戻りました。

リゾナーレ八ヶ岳の丸山珈琲

リゾナーレ八ヶ岳に戻り、ピーマン通りの丸山珈琲へ。

東京の表参道や西麻布、鎌倉や軽井沢に出店している丸山珈琲がリゾナーレ八ヶ岳内になるのです。

こちらに八ヶ岳オリジナルブレンドがあるとのことで、豆を買いに行きました。

私はコーヒーを毎日飲まないといられない、コーヒー中毒なんです。

オリジナルブレンドの豆を購入すると、大人は1杯カプチーノのプレゼントと子供はオレンジジュースのプレゼントがありました。

遊び疲れた体に染み渡るコーヒー。部屋でコーヒーを飲みながら、しばらくゆっくりと過ごしました。

リゾナーレ八ヶ岳「清里ハム」でディナー

本日の夕食は、ピーマン通りにある清里ハムです。

出典:リゾナーレ八ヶ岳HP

こちらでピザを買いました。はい、写真は撮り忘れたので、上の写真を見てください。

清里ハムのキッズプレートもあり、子供づれでも楽しく食事ができます。味は言うまでもなく。うまい。さすがはハム専門店。

ピーマン通りで買って部屋で食べるのが結構気に入り、この夕食も部屋に持ち帰って食べました。1つの店だけじゃなく、何店舗かで、いろいろ買ってお部屋で食べるのもいいかもしれませんね。

部屋番号とサインをすれば部屋付でお会計できます。

夕食後、部屋のお風呂に入った子供たち。今日はプールにいちご狩りに、かなり疲れたのでしょう。すぐ爆睡です。

この後、私は一人、大浴場に向かいます。

リゾナーレ八ヶ岳の露天温浴施設「もくもく湯」

昨日は嫁が行った「もくもく湯」ですが、本日は私が初体験です。

オムツの取れていない子供は湯船に浸かれないと言うことで、子供たちが寝てから、「もくもく湯」に行って来ました。

ホテルの敷地内に「もくもく湯」はあるのですが、少しだけ歩きます。

この看板に沿って敷地内を歩いて行きます。

見えてきました。

現れました!!「もくもく湯」真っ暗で見えない???夜だからしょうがないのですが…。

わかりやすいように、明るいバージョンの道案内もどうぞ。

明るいとわかりやすい!!!

階段を降りて、この看板の方向へ向かいます。

見えてきました、見えてきました。

現れました「もくもく湯」。こんな感じだったんですね!!!

ちゃんとセキュリティーがしっかりしています。

チェックイン時にフロントで教えてもらった番号を入力しないとお風呂の中には入れません。安心安心。

清潔感があって綺麗な脱衣所です。

ベビーベットも置いてあります。繁忙期は子供でいっぱいになるんだろうな。アメニティも揃っています。

ここから、先は、写ってはいけないものが写ってしまう可能性があるので、写真は撮りませんでした。

リゾナーレ八ヶ岳公式ホームページから写真を引用します。

出典:リゾナーレ八ヶ岳 HP

男湯、女湯にそれぞれ、室内の大浴場があります。その室内浴場から、上の写真の混浴露天風呂へ出ることができるのです。

カップルやご家族で一緒に露天風呂に入れるなんで、いいですね。

ちなみに、混浴露天風呂へは、決まられた混浴着を着て行かなければなりません。

露天へ行く場合はこちらを身につけましょう。室内浴場から露天への入り口に混浴着が常備されています。

いい湯でした。なんか大きなお風呂に入るのって、一気に疲れが吹き飛ぶと言うか、心から洗われたような気がして、私は大好きです。

風呂上がりに冷たい水を飲もうと思い、こいつから水を奪い取ってごくごく飲んでいると、隣にあるものに目が止まります。

ハーブティーを用意してくれているんですね。

八ヶ岳はさすがに、まだまだ寒い。お風呂であったまって、ハーブティーであったまって。ほかほかになりますね。

2種類あって、1種類はちゃんとノンカフェインのものを用意してくれていました。

きっと、授乳中や妊娠中のお母さんへの思いやりですね。

このリゾナーレ八ヶ岳はちょこちょこ、このような小さな、思いやり、心遣いが見えてきます。

ハーブティーを早速作ってみました。

ブレンドハーブティー(ノンカフェイン)の出来上がりです。私はノンカフェインじゃなくてもよかったのだが、コーヒーでカフェインを摂りすぎているので、一応ノンカフェインで(笑)

「もくもく湯」から出ると、やはり外はまだ寒い。暖かいハーブティーを握りしめながら、お部屋に戻りました。

リゾナーレ八ヶ岳の2日目は、盛りだくさん!

プール「イルマーレ」に「いちご狩り」、「もくもく湯」リゾートを楽しみ尽くしました。

嫁と「2泊3日じゃなくてもっと泊まりたいねー」なんて話してました。

確かに、アクティビティも多く、もっと長く泊まっても全然飽きない。

特に、リゾナーレ八ヶ岳の代名詞でもあるプール「イルマーレ」は長期滞在したら、毎日行ってしまうんだろうな〜と思います。

明日は最終日。

それでは「おやすみなさーい」

 

1日目はこちら

3日目はこちら

 

リゾナーレ八ヶ岳の予約はこちらからがオススメです!

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事