じゃらん予約決済に最強のクレジットカード!

 

リクルートカードリクルートカード
・年会費永年無料
1.2%の高還元クレジットカード

・じゃらん予約決済で3.2%ポイント還元
・じゃらんプランによって最大11.2%還元
・貯めたポイントはじゃらん等で使える
・1ポイント=1円として利用可能
最大6,000円分ポイントプレゼント
毎月50名に宿泊金額還元

 

山梨県旅行割引クーポンやキャンペーンの紹介

山梨県といえば、富士山、八ヶ岳、南アルプスに囲まれ、大自然の美しい風景を満喫できるエリアですね。

そんな山梨県をお得に旅行できるプランやクーポンはないものか?

こちらのページでは、山梨県を格安に旅行できる割引旅行クーポンキャンペーン特集をまとめています。

山梨県の旅行計画の際には、是非ともご活用ください。

 場合によっては、上限に達してクーポンの配布が終わっていたり、企画が変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

やまなしグリーン・ゾーン宿泊割り(山梨県)

やまなしグリーン・ゾーン宿泊割りとは、新型コロナウイルス感染症の影響により、落ち込んだ旅行需要の回復を図るための山梨県が行うキャンペーンです。

名称やまなしグリーン・ゾーン宿泊割り
対象者全国民
対象エリア山梨県内の対象宿泊施設
割引額最大5,000円割引
販売開始2020年8月28日(金)〜
宿泊期間2020年8月28日〜2021年3月15日まで

やまなしグリーン・ゾーン宿泊割は山梨県民のみならず、全国民対象の宿泊割キャンペーンでしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけ、現在は山梨県民限定のキャンペーンとなっています。

下記のサイトなどで対象宿泊プランが販売されています。

やまなしグリーン・ゾーン宿泊割に関しては詳細を別の記事にも書いていますので、そちらでもご確認ください。

 

第2弾甲府に泊まろうキャンペーン

名称第2弾甲府に泊まろうキャンペーン
対象者全国民
対象エリア甲府市内の対象宿泊施設
割引額最大10,000円割引
配布期間クーポン配布期間・予約期間はサイトごとに違いますので下記参照

 

スポンサーリンク

富士河口湖町第3弾クーポン|じゃらん

名称【富士河口湖町】宿・ホテルの宿泊のみ予約に使える!じゃらんクーポン
対象者全国民
対象エリア富士河口湖町内の対象宿泊施設
割引額最大10,000円割引
配布期間2020年9月15日〜2020年9月29日まで
予約期間2020年9月15日〜2020年9月29日まで
宿泊期間2020年9月15日〜2020年9月30日チェックアウトまで
富士河口湖町じゃらんクーポンは下記より取得できます。

 

 

 

 

富士河口湖割引クーポン(富士河口湖町)

富士河口湖割引クーポンとは、新型コロナウイルス感染症の影響により、落ち込んだ旅行需要の回復を図るための富士河口湖が行うキャンペーンです。

名称富士河口湖割引クーポン
対象者全国民
対象エリア富士河口湖町内の旅行
割引額下記参照
実施時期2020年7月17日〜2020年10月1日チェックアウト分まで

【割引額】

宿泊・旅行代金が1人泊あたり10,000円以上 1人泊あたり5,000円または3,000円

宿泊・旅行代金が1人泊あたり6,000円以上10,000円未満 1人泊あたり3,000円

支払い限度額は日本人旅行者が15,000円/人。外国人旅行者が50,000円/人となっています。

富士河口湖割引クーポンは下記のサイトなどで発行されています。

 

 

スポンサーリンク

笛吹市割引クーポン(笛吹市)

笛吹市割引クーポンとは、新型コロナウイルス感染症の影響により、落ち込んだ旅行需要の回復を図るための笛吹市が行うキャンペーンです。

名称笛吹市割引クーポン
対象者全国民
対象エリア笛吹市内の旅行
割引額3,000円〜最大100,000円
実施時期第1弾: 2020年6月16日〜2020年9月30日チェックアウト分まで

第2弾: 2020年7月15日〜2020年11月30日チェックアウト分まで

 

なんと笛吹市の割引クーポンは最大100,000円ものクーポンが利用できるキャンペーンですよ。

下記のサイトからクーポンが発行されていますので、ご利用ください。

 

甲府に泊まろキャンペーン(甲府市)

名称甲府に泊まろうキャンペーン
対象者全国民
対象エリア甲府市内の宿泊
割引額3,000円〜最大14,000円
実施時期2020年7月22日〜2020年8月30日チェックアウト分まで

予約できる旅行サイトは下記の通りです。

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログへ
関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事