とんかつ まるにでヒレカツ定食だぜ!!!

東京文京区のしかも白山という人気住宅エリアでのとんかつ屋さんでランチを食べて来た。

「とんかつ まるに」とはいったい、どんなお店なのだろうか?

 

東京都文京区白山とは?

東京都文京区の白山アドレスというと、人気の住宅エリアであり、土地のお値段も少々高めも高級住宅エリアですね。

文京区は人気が高いですからね。白山神社から白山アドレスはつけられているようですよ。

都営地下鉄 三田線の地下鉄に揺られて「白山駅」で下車。

 

「とんかつ まるに」の場所!

今回伺った「とんかつ まるに」は、白山駅から1分という好立地にお店を構えているとんかつ屋さん。

地元の人が、よく通っているのだろうか。

ちなみに南北線の「本駒込駅」 徒歩4分、「東大前駅」 徒歩10分とこちらの駅からも歩いていける。

「とんかつ まるに」

あまり、とんかつ屋さんっぽくない店構えで、思わず、見落としてしまいそうな、お店である。

店の入り口には、「ロース定食:800円」と「ヒレ定食:1000円」とのメニューが。この2本のメニューで勝負している店なのだろうか??

店の中に入ると、4名掛のテーブルが2つと、カウンターのみで、こじんまりしたお店だ。私はこういう小規模のお店が大好きだ。

席につき、メニューを見てみると、やはり、ロース定食とヒレ定食で勝負しているようだ。この日は、少し早い時間だったが、テーブル席は満席、でカウンターも私が入ったあと、すぐ満席になっていた。

あとで、調べてみると、もともと、中華屋があった場所で、とんかつ屋をオープンさせて、できて間もないお店のようだ。

ヒレとロース、どっちにするか迷ったが、せっかくなので、ヒレ定食を注文。ビールは我慢。

ヒレのとんかつとご飯と味噌汁。シンプルな感じがいいです。がっつり食べる歳でもなくなって来たので、こういう家庭的なとんかつは最高です。

また、この銀のプレートが良くないですか??お店はオープン仕立てなのか、ものすごく綺麗ですが、この銀のプレートがどこか、懐かしさが感じられて、Goodです。

ソースをかけて、がぶり。衣がふわふわで、口当たりも良く、肉も柔らかい。家庭的なとんかつだ。これはうまい。キャベツにはドレッシングもないので、ソースをかけてムシャムシャ。昔、家でとんかつ食べる時はキャベツもソースで食ったもんだ。懐かしい、お味でした。

「とんかつ まるに」はオープンしたて?

まだまだ、オープンしたてのお店みたいなので、これから頑張って欲しいお店です。白山には東洋大学や近くにはあの天下の東大もあります。学生さんも来るのかな。学生にしたら、1000円はちょっと高いか。

まぁ、白山のお金持ちからすると、1000円でヒレカツが食べらてるなんて、リーズナブルですよね。結構、チェーン店とかも、とんかつ高いですからね。

白山行った時には、また、寄らせてもらいます〜

「とんかつ まるに」Retty

お店:「とんかつ まるに」
住所:東京都文京区白山5-33-19
アクセス:
都営三田線白山(東京)(A3)駅から「徒歩1分」

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログへ
おすすめの記事