じゃらん予約決済に最強のクレジットカード!

 

リクルートカードリクルートカード
・年会費永年無料
1.2%の高還元クレジットカード

・じゃらん予約決済で3.2%ポイント還元
・じゃらんプランによって最大11.2%還元
・貯めたポイントはじゃらん等で使える
・1ポイント=1円として利用可能
最大6,000円分ポイントプレゼント
毎月50名に宿泊金額還元

 

福岡旅行の割引クーポン&キャンペーン

九州最大の都市である福岡!

学問の神様で有名な太宰府天満宮や宗像大社、小倉城などの歴史的観光地を巡る旅も人気です。

また、有名なのがB級グルメ!

博多の屋台は特に有名で、観光シーズンなどは、地元の方のみならず、全国からの旅行者で賑わっています。

自然を満喫したい方は糸島などを訪れてみてはいかがでしょうか?

そんな福岡県をお得に旅行できるプランやクーポンはないものか?

こちらのページでは、福岡県を格安に旅行できる割引旅行クーポンキャンペーン特集をまとめています。

福岡旅行の計画の際には、是非ともご活用ください。

 場合によっては、上限に達してクーポンの配布が終わっていたり、企画が変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

福岡の避密の旅キャンペーン(福岡県)

福岡のひみつの旅観光キャンペーン

《出典>>公式サイト》

 

福岡の避密の旅キャンペーンとは、新型コロナウイルス感染症の影響により、落ち込んだ旅行需要の回復を図るための福岡県が行うキャンペーンです。

 

名称福岡の避密の旅キャンペーン
対象者全国民
対象エリア福岡県内の対象宿泊施設
割引額プレミアム付き宿泊券(50%お得!)
販売期間2020年11月5日〜2021年2月28日
宿泊期間2020年11月5日〜2021年3月1日 6月30日チェックアウトまで延長!
備考福岡県民はGoToトラベルとの併用可能

【福岡の避密の旅プラン:楽天トラベルじゃらんYAHOOトラベル

【福岡県の宿泊施設:ゆこゆこ楽天トラベルじゃらんYAHOOトラベル一休.com

福岡の避密の旅は半額お得なプレミアム付き宿泊券をコンビニで購入して、お得に宿泊できちゃうキャンペーンです。
  • 5,000円の宿泊券が2,500円で購入可能。
  • 1,000円の宿泊券が500円で購入可能。

1人1泊最大10,000円分(額面5,000円)まで利用可能となっています。

 

 

スポンサーリンク

WELCOME糸島キャンペーン(糸島市)

WELCOME糸島キャンペーン

《WELCOME糸島キャンペーン》

 

名称WELCOME糸島キャンペーン
対象者全国民
対象エリア糸島市内の対象宿泊施設
割引額宿泊代金3,000円割引+2,000分クーポンプレゼント
実施期間2020年11月1日〜2021年2月28日まで
備考GoToトラベルとの併用可能
糸島市内の対象宿泊施設の宿泊で、宿泊代金3,000円の割引が適用されると共に、2,000円分のクーポンももらえるお得なキャンペーンです!

ぐるっと豊前キャンペーン(豊前市)

ぐるっと豊前キャンペーン

《ぐるっと豊前キャンペーン》

 

名称ぐるっと豊前キャンペーン
対象者全国民
対象エリア対象宿泊施設(下記参照)
割引額5,000円分の商品券
実施期間2020年11月2日〜2021年3月1日まで
下記の対象宿泊施設に宿泊された方に1部屋あたり5,000円の商品券が配布されます。

【対象宿泊施設:求菩提鷹勝 卜仙の郷|割烹旅館 宇島汐湯|求菩提キャンプ場】

 

詳細については、下記の豊前市ホームページをご確認ください。

 

 

北九州の魅力再発見パスポート(北九州市)

北九州の魅力再発見パスポート

《北九州の魅力再発見パスポート》

 

名称北九州の魅力再発見パスポート
対象者北九州市民
対象エリア対象宿泊施設(下記参照)
割引額観光パスポート 大人:400円 高校生以下:200円
実施期間2020年10月7日〜2021年3月14日まで

 

北九州市民限定のキャンペーンですが、格安の魅力再発見パスポートを購入すると下記の施設の入場が期間中何度でも無料となります。

北九州市民の皆さんは、是非ご購入ください!

 

対象観光施設
関門海峡ミュージアム|門司港レトロ展望室|旧大阪商船わたせせいぞうキャラリー|旧門司三井倶楽部2階|九州鉄道記念館|北九州銀行レトロライン「潮風号」|小倉城|小倉城庭園|皿倉山ケーブルカー・スロープカー

 

販売場所などは、下記の北九州市観光サイトをご確認ください。

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログへ
関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事