じゃらん予約決済に最強のクレジットカード!

 

リクルートカードリクルートカード
・年会費永年無料
1.2%の高還元クレジットカード

・じゃらん予約決済で3.2%ポイント還元
・じゃらんプランによって最大11.2%還元
・貯めたポイントはじゃらん等で使える
・1ポイント=1円として利用可能
最大6,000円分ポイントプレゼント
毎月50名に宿泊金額還元

 

オリンピックのメダル

とうとう森喜朗会長が女性を蔑視する発言の責任を取って、会長を辞任する意向を固めたと報道がありました。

政府関係者は森会長がいないとオリンピック・パラリンピックの開催は難しいとまで言っている方々もいましたが、

これで、普通にオリンピック・パラリンピックが開催されたら、この方々なんなのでしょうね。笑

スポンサーリンク

森喜朗会長辞意を固めるニュース速報!

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は、女性を蔑視する発言をした責任を取り、会長を辞任する意向を周囲に伝えた。

11日、複数の関係者が明らかにした。組織委が12日に開く緊急会合で表明する見通し。

問題の深刻化を受けて、組織委は12日午後、評議員、理事を集めた合同懇談会を開く。

当初は経緯を説明、陳謝し、続投への理解を求める方針だった。だが国内外に反発が広がり、今夏の大会準備への影響も出始めていた。

発言を受けては、国内外のメディアから「性差別的」と厳しい批判を浴び、SNS(ネット交流サービス)でも辞任を求める声が相次いだ。

10日には東京都の小池百合子知事が今月中旬で調整されていた国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らとの五輪に向けたトップ級の4者協議を

「今ここで開いても、あまりポジティブな発信にはならないんじゃないか」と述べ、欠席する意向を表明。

野党4党は森氏の辞任を菅義偉首相に迫る考えで一致していた。

森氏は3日に東京都内で開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で、以前会長を務めていた日本ラグビー協会を例に出して

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言し、波紋を広げた。

4日には東京都内で記者会見を開き、「五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった」と発言を撤回し、陳謝する一方、会長職の辞任は否定した。

それでも「面白おかしくしたいから聞いてるんだろう」と声を荒らげる様子は「逆ギレ会見」とさらなる批判を招いた。

IOCなどは森氏の発言撤回を受け、4日に「この問題は終わった」と早期の事態収束を図った。

だが9日には「全く不適切で、(男女平等を目指す)IOCの公約にも反している」と改めて声明を出した。

SNSでは、政府や東京都、組織委宛てに森氏の処遇の検討などを求める署名活動が展開され、日本に駐在する各国の大使館などは「沈黙しないで」と呼び掛けた。

米紙ニューヨーク・タイムズなどの海外メディアも対応を疑問視する論調が相次ぎ、ロイター通信は「発言への批判は衰える気配を見せない」と伝えていた。

森氏は4日の会見前に毎日新聞の取材を受け、「元々、会長職に未練はなかった」と辞任する意向を語っていた。

組織委幹部の慰留などを受け、思いとどまったという。だが、新型コロナウイルスの感染状況の悪化が続く中、発言に対する批判は五輪開催へのさらなる逆風となり、会長職の辞任は避けられない情勢となった。

森氏は東京五輪招致委員会の評議会議長として招致に関わり、2014年1月の組織委発足時から会長を務めてきた。

出典>>YAHOOニュース

 

令和の時代において、とんでもない発言をしてしまいましたね…森会長。

スポンサーリンク

森会長がいないとオリンピック・パラリンピックの開催は無理なのか?

そんな訳ないですよね。笑

確かに政界出身者でスポーツ界に置ける森喜朗会長の右にでる者はいないのかも知れません。

ただ、世界規模のオリ・パラという大きな大会です。

組織委員会のトップが1人いなくなっただけで開催できないような組織づくりはしていません。

(普通の民間企業レベルでは、このような組織作りをしている会社など皆無です。)

ましてや、森会長は83歳!最近のおじいさん、おばあさんは元気とはいえ、年齢を考えると、いつ何があってもおかしくない状況であることぐらい、組織全体の共通認識としてあるはずです。

森会長より若い安倍前総理も体調不良で総理を辞めたぐらいですからね。安倍前総理が辞めても、国はまわります。

森会長が辞めても、オリンピック・パラリンピック組織委員会はまわります。

そのような中、森会長がいないと開催できないと騒いでいた関係者は、森会長がいないとオリ・パラの開催が危うい

ではなく、森会長がいないと自分の立場が危ういから、このような発言をしていただけに過ぎませんね。

本当に、オリンピック組織委員会という大きな大きな組織のトップに女性蔑視してしまうような方がいて、それを擁護し、自分の立場を守ろうとする人達がいる集まりって…。

日本人として恥ずかしく思います…。

 

オリンピック中止は森会長の辞任ではなく、コロナ以外の理由ではありえないでしょ!

森会長の辞任はもう、日本にとって、どうでも良いので放っておくとして、やはり気になるのが、新型コロナウイルスの影響によるオリンピック・パラリンピックの中止ですね。

日本は、オリンピック・パラリンピックを境に観光立国の地位を保ち続けるよう努力を積み重ねてきました。

新型コロナ前は、日本全国どこに行っても外国人旅行者がいて、インバウンド需要も大きくなり、ホテルの開発もどんどん進み、日本独自の文化、また日本の技術に興味を持つ外国人が増え、

間違いなく胸を張って観光立国と言える一歩手前まで進んでいたように思います。

それが、今はホテルや旅館、リゾート地はインバウンド需要はほぼゼロですし、国内では緊急事態宣言まで出て、人の移動が制限される状況…。

観光業はもちろんのこと、多くの業種で苦しい状況にたたされています。

今回の東京オリンピック・パラリンピックの開催は、どんな形であれ、開催されれば1つの光になるのは、間違いないと思います。

例年通りのオリ・パラとはいかないまでも、なんとか開催できることを願っています、というのが本音なんですが…。

スポンサーリンク

やっぱり新型コロナでオリ・パラは中止の可能性が高い?

ここ最近、海外メディアもそうですし、日本国内の中でも、もう中止せざるをえない雰囲気になってきていますね…。

そう話す人が多くなってきているように思います。

オリンピック・パラリンピックの開催・中止は、観光産業にとって今後の事業計画に大きく関わってきます。

このどちらに転ぶかわからない状況が続けば続くほど、今後の方針を決めかねている経営者も多くいるのではないでしょうか。

そろそろ中止なら中止で、開催なら開催で、はっきり決めてもらわないと、事業者としても大きな決断もできません…。

また、オリンピック、パラリンピック出場選手、及びスタッフなどの関係者にとっても、モヤモヤがずっと続いていることと思います。

次回のオリンピックを目指せる年齢の選手なら、また、次回に向けてという気持ちも、少しはあるのかもしれませんが、

東京で最後と思って踏ん張ってきた選手も少なくないはずです。

そのような選手にとっても、中止なら中止で、早く決断し、次のステップ、キャリア形成に少しでも時間がさけるよう、1日でも早い決断をしてほしいものです。

個人的には、やっぱり五輪開催してほしいと思いますが。

森会長も後任は「川淵三郎氏」で調整か?

余人をもって代えがたい――。そう周囲に擁護されてきた東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が辞任の意向を周囲に伝えた。

後任には選手村の村長の元日本サッカー協会会長の川淵三郎氏(84)が有力となっている。

川淵氏はサッカー日本代表として、1964年東京五輪に出場。91年にJリーグ初代チェアマンに就任し、日本サッカー協会会長などを歴任した。

東京・晴海の選手村の村長で、東京五輪・パラリンピック大会組織委の評議員も務めている。森会長と同じ早大出身で、年齢は一つ上だ。

関係者の間では、女性蔑視発言への批判の高まりを受け、後任候補の名前がすでに飛びかっていた。

>>朝日新聞デジタル

 

しかし、もう少し若くて会長が務まる人はいないものなのだろうか…。

スポンサーリンク
にほんブログ村 旅行ブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事